TOP  >  ファンコーナー  >  車両図鑑  >  3000系

車両図鑑車両図鑑

3000系

昭和50年から導入された車両です。100系を基本としますが、機器の集約化等により、保守の軽減を図っています。 当社として初めて冷房装置が取付けられ、主力車両として10両編成から6両編成まで、幅広く活躍しました。 平成2年までに60両が製造されましたが、現在は廃車等により24両の在籍となっています。

スペック

形式 3551形 3552形 3000形 3000形 3500形
車種 制御電動車Mc1 制御電動車Mc2 電動車M1 電動車M2 制御車Tc
車体 ステンレス製
旅客定員 (座席) 145人
(座席48人)
145人
(座席50人)
144人
(座席52人)
137人
(座席48人)
最大寸法 長さ 20,825
ミリメートル
20,725
ミリメートル
20,825
ミリメートル
最大寸法 幅 2,740
ミリメートル
最大寸法 高さ 4,160
ミリメートル
4,000
ミリメートル
4,160
ミリメートル
4,000
ミリメートル
4,030
ミリメートル
自重 39.2トン 38.7トン 38.0トン 37.5トン 27.0トン
台車 S形ミンデン・空気バネ台車
主電動機 直流直巻式145kW -
駆動装置 歯車式平行可とう継手式 -
制御装置 電動カム軸式抵抗制御 - -
ブレーキ 装置 電磁直通式空気ブレーキ・発電ブレーキ併用
製造年度 昭和50年度~平成2年度

  • 車両図鑑
  • 泉北ギャラリー
  • トレインフェスタ
  • おたのしみコンテンツ
  • ハイキング
  • グッズ
  • イベントブログ

ファンコーナートップへ