TOP  >  ファンコーナー  >  車両図鑑  >  5000系

車両図鑑車両図鑑

5000系

これまでの100系・3000系とは大きく異なった新しいタイプの車両として、平成2年から5編成40両が導入されました。
外観デザインでは前面非貫通のアルミ合金製車体に塗装を施したことが大きな特徴で、機器にはVVVFインバータ制御、
交流主電動機、ボルスタレス台車、各装置間の指令およびモニタを行う車両制御情報管理装置などを採用、
保守の合理化と省エネ化、軽量化が図られています。また、座席幅の拡大やマイコン制御による空調、車内案内装置の採用など、
サービス面での向上も行われています。

スペック

形式 5000形 5100形 5600形 5500形
車種 電動車M1 電動車M2 付随車T 制御車Tc
車体 アルミ合金製
旅客定員 (座席) 152人
(座席54人)
141人
(座席54人)
最大寸法 長さ 20,725
ミリメートル
20,825
ミリメートル
最大寸法 幅 2,740
ミリメートル
2,744
ミリメートル
最大寸法 高さ 4,160
ミリメートル
4,050
ミリメートル
自重 33.0トン 24.0トン 29.0トン
台車 SU型ミンデン・ボルスタレス空気バネ台車
主電動機 三相交流かご形誘導電動機170kW - -
駆動装置 歯車式平行可とう継手式 - -
制御装置 VVVFインバータ制御 - -
ブレーキ 装置 電気指令式空気ブレーキ・回生ブレーキ併用
製造年度 平成2~7年度

  • 車両図鑑
  • 泉北ギャラリー
  • おたのしみコンテンツ
  • ハイキング
  • グッズ
  • イベントブログ

ファンコーナートップへ