TOP  >  ファンコーナー  >  車両図鑑  >  7000系

車両図鑑車両図鑑

7000系

老朽化した100系車両の置き換え用として平成8年にデビュー、平成10年までに26両が導入されました。 「人にやさしい、きめ細やかな旅客サービス」を基本方針とし、車体幅拡大による居住性の向上、制御装置や 低圧電源装置へのIGBT素子使用による静音化と更なる省エネ化を図りました。また、集電装置はシングルアーム式 を採用しています。前面貫通扉付きで、 当初は6両および4両組成を基本編成としていましたが、平成17年に一部編成を組替えることで2両組成が誕生、 これらを組み合わせて6両編成または8両編成で運用されています。

スペック

形式 7000形 7100形 7200形 7600形 7500形 7500形
車種 電動車M1 電動車M2 電動車M3 付随車T 制御車Tc1 制御車Tc2
車体 アルミ合金製
旅客定員 (座席) 157人
(座席54人)
146人
(座席46人)
146人
(座席47人)
最大寸法 長さ 20,725
ミリメートル
20,825
ミリメートル
最大寸法 幅 2,830
ミリメートル
2,844
ミリメートル
最大寸法 高さ 4,075
ミリメートル
4,050
ミリメートル
4,075
ミリメートル
4,050
ミリメートル
自重 34.0トン 28.0トン 31.0トン 28.0トン
台車 モノリンク式軸箱支持形 ボルスタレス空気バネ台車
主電動機 三相交流かご形誘導電動機170kW - - -
駆動装置 歯車式平行可とう駆動式 - - -
制御装置 VVVFインバータ制御 - - -
ブレーキ 装置 電気指令式空気ブレーキ・回生ブレーキ併用
製造年度 平成8・10年度

  • 車両図鑑
  • 泉北ギャラリー
  • おたのしみコンテンツ
  • ハイキング
  • グッズ
  • イベントブログ

ファンコーナートップへ