TOP  >  ファンコーナー  >  車両図鑑  >  100系(引退)

車両図鑑車両図鑑

100系(引退)

100系車両は、昭和46年4月の泉北高速鉄道開業時に導入した車両で、 老朽化のため平成8年度から平成11年度にかけて30両すべてを廃車しました。 開業時から約30年間走り続けたこの車両を原型保存するため、 廃車車両のうち1両(588号車) を改造の上、大阪府に寄贈し、 現在は大阪府立大型児童館ビッグバンに隣接する冒険遊び場 「ちょっとバン」に展示されています。 この車両は運転席付きで、できるだけ走行当時の原型 をとどめるようにする一方、 車内はお子さまの遊び場としてもご利用いただける様々な工夫がなされています。

スペック

形式 100形 500形 580形
車種 制御電動車Mc 付随車T 制御車Tc
車体 ステンレス製
旅客定員 (座席) 144人
(座席54人)
155人
(座席62人)
144人
(座席54人)
最大寸法 長さ 20,725
ミリメートル
最大寸法 幅 2,740
ミリメートル
最大寸法 高さ 4,160
ミリメートル
4,020
ミリメートル
4,030
ミリメートル
自重 37.0トン 28.5トン 29.5トン
台車 S形ミンデン・空気バネ台車
主電動機 直流直巻式145kW - -
駆動装置 歯車式平行可とう駆動式 - -
制御装置 電動カム軸式抵抗制御 - -
ブレーキ 装置 電動直通式空気ブレーキ・発電ブレーキ併用
製造年度 昭和46年~48年度

  • 車両図鑑
  • 泉北ギャラリー
  • おたのしみコンテンツ
  • ハイキング
  • グッズ
  • イベントブログ

ファンコーナートップへ